地震復興情報関連

3月11日の東北関東大震災以来、厳しい被災生活を過ごしている方々に心よりお見舞い申し上げます。
DENT IWAKIは、私も含め被災者の皆様が一日も早く震災以前の生活が取り戻せることを願っております。

いわき市関連情報
  いわき市トピックス

  福島県災害対策本部

  いわき生活情報(いわき地域情報総合サイト)

  地震による原子力施設への影響について(経済産業省)

  緊急時迅速放射能影響予測について(内閣府)


危機管理
  放射線量モニタリングデータ
   いわき市での測定値

   福島県内での測定値

   全国の測定値(文部科学省ホームページ)

   宮城県女川原発の測定値

   茨城県の測定値

   新潟県の測定値

  ※ 上記リンクごとに単位が統一されていないのでご注意下さい。
    1μ(マイクロ) = 1000n(ナノ)
    1Gy(グレイ) = 1Sv(シーベルト)


  参考文献: 日経新聞
   いわき市の場合の年間放射線量を計算してみました。

   いわき市の3月20日 12時に計測された放射線量(0.81マイクロシーベルト)
   を元に、計算を行ってみます。

   ・1日の被爆線量=0.81(マイクロシーベルト/時)×24時間=19.44マイクロ
    シーベルト
   ・1年間の被爆線量=1日の被爆線量×365=7095.6マイクロシーベルト=7.0956
    ミリシーベルト

★在庫あり★【放射線測定器】【放射能測定器】【防災グッズ】【ガイガーカウンター】アラーム機能付き携帯 ガイガーカウンター SW83a◆日本語説明書付

★在庫あり★【放射線測定器】【放射能測定器】【防災グッズ】【ガイガーカウンター】アラーム機能付き携帯 ガイガーカウンター SW83a◆日本語説明書付


  <考察>
   24時間外に居たとすれば、この状況が1年間続く場合で年間約7ミリシーベルトに
   なります。
   上記参考文献より、一般人の年間線量限度=1ミリシーベルトは超えますが…※。


   ※ 実際に人体に影響が及ぶのは、100ミリシーベルトからのようなので、いわき
    市の場合、この数値が1年続いた場合に24時間外に居てもまだまだ余裕がある数値です。

   (赤ちゃんの場合は、成人の10倍影響を受けやすいという情報もありますので、
    10倍以上の余裕を持って10ミリシーベルト上限で判断された方が良いと思います)

   ※ 1時間あたりの放射線量に、24時間×365日=8760をかければ同条件で
    その場所に居た場合の年間被爆量が計算出来ます。

   ※ あくまでも1年中同じ放射線量が続いた場合の累積の算出です。
    




自己防衛方法
  雨の日は、雨に濡れないように注意する  なるべく風下を避ける
  参考: 屋内退避地域で外出する場合の留意点


風向き
  宮城の風向・風速(goo天気)

  福島の風向・風速(goo天気)

  茨城の風向・風速(goo天気)

  いわきの風向・風速・天気(AccuWeather.com)

  (参考)原町の風向・風速(AccuWeather.com)

  参考: 気圧と風

  参考: 気圧配置図

  浜通り(小名浜)の天気 - Yahoo!天気情報







DENT IWAKI 【デントいわき】  http://www.dent-iwaki.com